「建国記念の日」不承認2・11府民のつどい

2015_02_11_kenkoku

「建国記念の日」不承認2・11府民のつどい

この案内のダウンロードはこちら(画像PDF)

戦前、「紀元節」は、初代神武天皇即位の日とする天皇制国家の重要な祝祭日でした。戦後、「紀元節」の復活をねらう政府は、1966年に「紀元節の日」であった2月11日を「建国記念の日」と制定しました。「建国記念の日」は国民主権を基本とする憲法の民主主義的原則に反し、歴史の真実を歪めるものです。

歴史に学んで日中関係を考える-庶民の論理に基づく交流・関係構築のために-

伊香俊哉(いこうとしや)さん (都留文科大学文学部教授)

 今回の集会では、第一次世界人戦~第二次世界大戦期の戦争違法化の歩みや、日本による侵略戦争とその記憶をめぐる問題を歴史学の立場から研究されてきた伊香俊哉さんに、東アジアの平和的国際秩序形成のために庶民の立場から何ができるか、日中関係を中心にお話しいただきます。庶民レベルで戦争をめぐる歴史認識を共有し、国家間の政治的・外交的対立を克服していく道筋と可能性を共に考えましょう。

落語 桂春蝶さん(落語家・大阪成践短期大学客員教授)

▽伊香俊哉(いこうとしや)

著書「近代日本と戦争違法化体制」「満州事変から日中全面戦争へ(戦争の日本史22)」吉川弘文館、「戦争はどう記憶されるのか-日中両国の共鳴と相剋」柏書房

●2015年2月11日(水・休日)

●府教育会館たかつガーデン8F

近鉄「上本町」駅から徒歩約3分/地下鉄「谷町九丁目」駅から徒歩約7分

●午後1時開会(12時30分開場)

●参加費 500円 (高校生以下無料)

●主催 「建国記念の日」反対大阪連絡会議

●事務局団体 大阪教職員組合・大阪歴史学会・大阪歴史科学協議会・大阪歴史教育者協議会・関西マスコミ文化情報労組会議・大阪民衆史研究会

●連絡先 大阪教職員組合

  

「建国記念の日」不承認2.11府民のつどい

「建国記念の日」不承認2.11府民のつどい 2014_02_11_kenkoku

戦前、「紀元節」は、初代神武天皇即位の日とする天皇制国家の重要な祝祭日でした。戦後、「紀元節」の復活をねらう政府は、1966年に「紀元節の日」であった2月11日を「建国記念の日」と制定しました。「建国記念の日」は国民主権を基本とする憲法の民主主義的原則に反し、歴史の真実を歪めるものです。

講演 小森陽一さん(東京大学大学院教授・全国「九条の会」事務局長)

憲法の危機、どう打開するか -「九条の会」の運動さらに大きく-

「九条の会」をはじめとする草の根からの憲法改悪を許さない運動は、改憲反対の世論を大きく創ってきました。参院選後、安倍首相は自民党の憲法改正草案についての理解を、草の根で広げていく運動を提起しています。第2次安倍政権と対峙するには、「九条の会」が今までどのような運動を創ってきたのかを改めてふりかえり、憲法を守り生かす方向を考えていきましょう。

チェロカルテット(氏橋啓司・北山悠祐・時本野歩・誓山由樹)

バッハ「シャコンヌ」、反ファシズムを貫いたパブロ・カザルスのカタロニア民謡「鳥の歌」など

●2014年2月11日(火・休日)
●府教育会館たかつガーデン8F
 TELO6-6768-3911
   近鉄「上本町」駅から徒歩約3分/地下鉄「谷町九丁目」駅から徒歩約7分
●午後3時開会(2時30分開場)
●参加費………500円(高校生以下無料)
●主催   「建国記念の日」反対大阪連絡会議
●事務局団体…大阪教職員組合・大阪歴史学会・大阪歴史科学協議会
       大阪歴史教育者協議会・関西マスコミ文化情報労組会議・大阪民衆史研究会

  

「たのしくわかる大阪の歴史」

tanoshiku_wakaru

 大阪歴教協創立60年、これまでの研究成果を1冊にまとめました。地域に根ざし、大阪の文化を正当に評価し、民衆のくらしやたたかいをわかりやすく叙述、空襲訴訟や反戦平和の運動もきちんと顕彰した書物になっています。

  「旧石器時代の大阪」からはじまり、「継体大王と今城塚古墳」「河内源氏三代」「日根荘」「富田林寺内町」などの古代・中世の史跡、「反戦水兵阪口喜一 郎」「戦争とファシズムに反対した人々」「茨木でのアヘン製造」「住友メーカー三社男女差別裁判」など近現代史、58テーマを中・高校生から大人まで、た のしくわかるように2ページで書き下ろしました。

B5版120ページ、 1,000円です(10冊以上800円,送料歴教協負担)。

  

大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判支援連絡会の記録

最高裁で裁判としては勝利のうちに決着がつき、大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判支援連絡会は解散、ホームページも閉鎖となりました。
大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判支援連絡会の記録として当サイトに保存しました。

http://osaka-rekkyo.main.jp/okinawasen/

  

「建国記念の日」不承認2.11府民のつどい

 戦前、「紀元節」は、初代神武天皇即位の日とする天皇制国家の重要な祝祭日でした。戦後、「紀元節」の復活をねらう政府は、1966年に「紀元節の日」であった2月11日を「建国記念の日」と制定しました。「建国記念の日」は国民主権を基本とする憲法の民主主義的原則に反し、歴史の真実を歪めるものです。

桂 敬一(元東京大学新聞研究所教授・ジャーナリズム論)
橋下・維新の会「圧勝」はどこに向かうか

 -国家主義の台頭を許すメディアの責任を問う-

橋下・維新の会の「圧勝」は、空虚なヒーローをつくったテレビとこれを歓迎した大衆との合作による産物だ。とりわけ、東日本大震災(「3・11」)からの復興を目指す”がんばろう!日本”の掛け声は、新自由主義的なナショナリズムを唱道する「橋下現象」と相関関係にある。これは、ワイマール共和制下のドイツで、その危機に乗じて躍進したナチスの権力掌握の過程を思わせる。この歴史的危機を突破するには、住民自治の正道復権を目指して市民が結集し、メディアに覚醒を促し、ねばり強く悪政に対決していく必要がある。

老楽亭ぼちぼち創作落語「教育基本条例を斬る」

2012年2月11日(土・休日)午後1時30分開会(1時開場)
参加費…500円(高校生以下無料)

府教育会館たかつガーデン8F
TEL 06-6768-39 近鉄「上六町」駅から徒歩約3分/地下鉄「谷町九丁目」駅から徒歩約1分

主催…「建国記念の日」反対大阪連絡会議
事務局…団体大阪教職員組合・大阪歴史学会・大阪歴史科学協議会・大阪歴史教育者協議会・関西マスコミ文化情報労組会議・大阪民衆史研究会
連絡先…大阪教職員組合(TEL 06-6768-2330)

  

子どもと教科書大阪ネット21第12回総会ご案内

この案内のダウンロードはこちら(PDFファイル)

 どんな教科書を子どもたちに手渡すべきか?
中学校の教科書採択が終わりました。今年の採択には、「新しい歴史教科書をつくる会」が分裂したこともあって歴史と公民は2種類の右翼的な教科書が採択に付されました。そして、残念ながら、自由社と育鵬社の教科書が大阪でも採択されてしまいました。

なぜ、これらの教科書が採択されたのか、また、他の教科書の内容はよくなっているのか、教育基本法と学習指導要領に拘束され、後退してしまったのでしょうか?

どんな教科書を子どもたちに手渡すべきなのでしょう。今年の総会では、これらのことについて、議論したいと思います。誘い合わせてご参加ください。

講演・中学校歴史教科書の執筆に加わって-日本近現代史のむずかしさ-

大阪教育大学・三輪泰史さん
日時:2011年10月7日(金)午後6時30分から
会場:大阪府教育会館たかつガーデン2階「藤」
資料代:500円(高校生以下無料)
連絡先:子どもと教科書大阪ネット21 事務局(出版労連大阪地協 電話 06-6779-1531)